会社経営や暮らしの心強いパートナー「税理士」について

>

税理士ってどんなお仕事をしているのだろう?

会計処理・申告書の作成も税理士にお任せ

会社経営において経理は要です。
会社の中には経理担当の人をおいている場合も多いと思いますが、
「経理はいるが専門性に欠ける」「他の仕事で手一杯で会計業務をする時間がとれない」
といった悩みをお持ちの方もいるでしょう。
会計処理は、領収書や伝票などの書類を毎月提出するだけで全て税理士にお願いできます。
経理の方が既にいらっしゃる会社でも、税理士が月1程度、指導やチェックをしてくれる場合があるので、お願いすることをオススメします。
経営者もその方が安心ですし、経理の方の負担や不安の軽減にもなります。
また、年に1度の年末調整や各種申告書類の作成も、とても手間のかかる手続なので、会社の中の誰かが担当するというのは荷が重いものです。
税理士にお願いすれば、そういった書類作成も代行して行えます。
負担の軽減かつ、正確な申告手続が保証されているので、会計処理で悩むことはなくなるでしょう。

困ったときの相談も!経営の良きパートナー

会社を経営していれば必然的に税について頭を悩ますことでしょう。
そういったときに、いつでも相談できる税理士がいれば安心です。
経営についての相談、節税や税金対策、会計指導などについて的確なアドバイスが得られます。
中小企業だと特に、休みの日も常に会計やお金について考えてしまう方、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。
何か困ったとき、専門家にいつでも相談できるの環境づくりは大切です。
また、初めて会社を立ち上げるといった方、ベンチャー企業の方向けには、起業についての支援や、どういった申告や手続が必要なのかといったサポートもしてくれます。
もし経営がうまくいかなくなってしまった時も、再生までの支援・サポートをしてくれるので、税理士が一人ついているだけで多岐にわたるサポートを受けられるのです。


この記事をシェアする